東京で木の呼吸を感じる、自然素材・無垢材の家作りは澤田工務店へ

自然と共存する日本の伝統的な暮らしを。

日本は国土の7割がおよそ森林であり、その豊富な資源は古くから私たち日本人の暮らしに密着に関わってきました。
私たちが当然のように思っている豊富な水、土、空気、その全てが森林から産まれます。
そして、家を造る上で欠かすことができない材料としての木材も、長い年月をかけて森林が育んでくれたものです。

しかし、工業化住宅が増えるにつれ、国産の木材は「高い」「弱い」という偏見を持たれるようになり、輸入材や集成材が多く使われるようになりました。
現在では日本の木造住宅の内、およそ7割が外国産の木材を使用していると言われています。
さらに、建具や造作材に至るまで安い輸入材に塩ビシートを貼って美しさを装っているだけのものが多く出回っています。

その間、国産材は安い輸入材との価格競争に負ける形で商品価値が低下し、山林は放置され自然死する森まで現れるようになりました。
数年前に「シックハウス症候群」と呼ばれる住宅建材にホルマリンや殺虫剤などの有害物質が含まれることで引き起こされる健康被害が問題となり始めたのもこの頃です。

澤田工務店は日本の家造りを見直し、自然素材・無垢材を使った安心・安全な家造りに取り組んでいます。
日本の森林には杉・檜・松など木材資源が豊富にあります。
それら日本由来の木材をふんだんに使用し、自然と共存する日本の伝統的な暮らし・木の呼吸を感じるような自然に囲まれた暮らしを追求します。

澤田工務店 代表:澤田 康弘

FSU工法とは

澤田工務店では、リフォーム・新築工事において『FSU工法』を推奨しています

澤田工務店では、リフォーム・新築工事において『FSU工法』を推奨しています。

建築はその工程においてどうしても資源の採取やエネルギーの消費、廃棄物の産出などで自然環境に負担を強いてしまいます。
『FSU工法』は、せめて自分が関与する建築・住宅だけでも環境への負荷が少なく、むしろ負荷を削減する方向に作用させたいという想いから考えられた木造軸組の新工法です。

一般的な工法の3~4倍もの木材を使用することで地域の林業活性化を図ります。
そして、森林整備を進め二酸化炭素の吸収量を増やし、使用後の建築の解体部材も容易に再使用できる仕組みを構築した木造建築の新しい工法、それが『FSU工法』なのです。

施工ブログ

澤田工務店は東京23区エリア・埼玉県近郊で、日々高品質なリフォーム・リノベーション・新築工事を皆様にご提供しております。

こちらでは、日々真摯に施工に励む澤田工務店の様子をご覧いただけます。
下記のFacebookやインスタグラムなどSNSと共にぜひご覧ください。

会社概要

澤田工務店は板橋区を拠点に、東京都内・関東地方全域でリフォーム・リノベーション・新築工事を行う工務店です。

澤田工務店は日本の家造りを見直し、自然素材・無垢材を使った安心・安全な家造りに取り組んでいます。
また、設計事務所と提携しているため、高品質なデザインと高品質な施工の両立が可能です。
澤田工務店であれば、東京にいながらまるで木の呼吸を感じるような自然木材・無垢材に囲まれたワンランク上の暮らしが実現可能となります。

皆様にとってかけがえのない大切なお住まい、そのお住まいに関わる工事に澤田工務店が携わることができれば幸いです。

澤田工務店のインスタグラム